ホーム
プロクラスのレッスンを無料で体験!!
インフォメーション コース紹介/授業料 イベント オーディション プロレッスン無料体験 オンライン・ボーカルクリニック 学校地図 リンク
メール ホーム
ボーカリストに必要な体力づくりから、基礎的な呼吸法、リ
ズム、滑舌、整体と筋肉に関連付けた発声法など、必ず練習
した方がいいベーシックなトレーニング方法を6か月間で学
びます。全くボイストレーニングの経験がない、もしくはそ
れに近い方のためのレッスンです。ボーカリストとしての間
違ったトレーニング方法や、発声の癖、また個々のトレーニ
ングの必要性が理解できないままの練習は、歌の上達を遅ら
せます。基礎的なことを分かりやすく説明するので、初めて
歌う人はもちろん、今まで教えられてきたレッスンの確認に
もなり、基礎を確実に自分のものにするクラスです。
 
うまくなるには好きなアーティストの歌い方を真似するのも
有効な方法です。しかし、そのコピーから学ぶべきこともわ
からず、「ただ何となく」曲を練習している人が大変多いの
が実情です。そこで幅広いレパートリーの中から、絶対歌っ
ておくべき楽曲を題材に、学ぶべきポイントを絞り練習しま
す。歌い方、フレージング、リズム、呼吸法など、実際に歌
う時に注意しなければならないポイントをより一層深く掘り
下げてレッスンします。
 
主にソングプラクティスで学んだ曲やソウルフレージングで
学んだアドリブスケールをバンド形態で実践的に試すクラス
です。バックをつとめるバンドはもちろんプロミュージシャ
ン、ですから歌うことだけに集中してレッスンを受けること
ができます。カラオケではなく実際のバンドで歌った経験は
、ボーカリストにとって、非常に大きな意味を持ちます。実
際にバンドで歌うことによって、その楽曲のポイントがわか
り、カラオケでは練習できないグルーヴやリズムを体で感じ
ることが出来ます。ライブをやっていきたい人や、より一層
レパートリーに磨きをかけたい人には最適のクラスです。
 
レコーディングで一番難しいのは、自分の何が良くないのか
を把握し修正することです。いくらディレクターが歌につい
て注文をだしても、自分自身がそれに気付かない限り実際の
現場で歌が良くなることはあり得ません。そこでこのクラス
では、楽曲を録音しチェックシートを使って自分自身で歌を
チェックします。一度録音することで、自分の歌を客観的に
判断できるようになります。もちろん自分だけのライブラリ
ーをつくったり、オーディションに応募したりする資料づく
りにも最適です。
 
基本的なレッスンは楽曲も含め一番理解しやすい形にまとめ
られていますが、このレパートリーチェックは自分が歌いた
い曲を教材に使って学ぶことができます。邦楽カバーでもオ
リジナルソングでも、あなたがレパートリーとして歌いたい
ものを集中的にチェックします。例えば次のライブで歌う曲
やレコーディングが迫っている曲。昨日閃いたフレーズのチ
ェックなど、マンツーマンで指導を受けることができます。
カラオケ、引き語りなど形態も自由です。
 
理論と言われるとどこか堅苦しい感じがしてどうも好きにな
れません。そういう人はやはり昔も今も多いでしょう。それ
に作曲やアレンジで必要な知識と実際の現場でボーカリスト
に必要とされる知識は全く違うものです。そこで、このクラ
スでは実際に歌う人にとって最低限知っておかなければなら
ない知識から、アドリブに必要な知識、骨格のつくりからマ
イキング、パフォーマンス、オーディションにおける注意事
項まで僕が経験してきた、ボーカリストの立場から考えた絶
対必要な理論や知識を実践に基づいて教えます。
 
自分の思ったことを表現したいと思うのはシンガーソングラ
イターを目指す人にとっては当たり前のことですよね。ギタ
ーやピアノで弾き語りをやってみたい人、メロディは作れる
んだけどコードが分からない人。歌詞の書き方を学んでみた
い人。本格的にコードプログレッションなど理論を学び、自
分でアレンジをしたい人まで、オリジナルソングを作るまで
を能力、タイプ別に完全にサポートします。オリジナル曲を
自分の言葉で歌う。ちょっとしたコツがわかれば断然伝わり
やすい歌が作れます。とにかく自分の言葉が見つかるまで、
実際に作り上げながら学んでいきましょう。
 

ソングプラクティスやバンドアンサンブルの授業で取り上げ
る曲が主に英語の曲なのは、日本語よりリズムのはまり方や
、フレージングの作り方が分かりやすいからです。ちょっと
したこつがつかめれば、日本語のフレージングだって大きく
かわります。会話はもちろん、英語の曲を教材に、歌うため
の「英語」を真剣に学んでみませんか?ネイティブスピーカ
ーが英語で歌う時の発音のポイントをレッスンします。また
別途英会話だけのクラスも受講することが出来ます。

 
デモテープはボーカリストにとって名刺のようなものです。
ですから自分の一番いい声が伝わるものが必要になります。
完成されたCDの様に、アレンジに耳がいってしまうような
ものではなく、シンプルで、本来、あなたのもつ声の良いと
ころが引き出されているものが、良いデモテープです。例え
有名プロデューサーと偶然巡りあう機会があっても、聞いて
もらいたい資料がなければせっかくのチャンスを逃してしま
います。チャンスはいつ巡ってくるかわかりません。そんな
ときのためにオリジナル曲でデモテープを制作し、そしてい
つもそれを持ち歩くようにして下さい。
 

歌の基本は表現です。人前で歌う経験が増えれば増えるほど
、確実に歌はうまくなっていきます。学校内のイベントも平
行して行いますが、レッスン優秀者は新宿ロフト、下北沢シ
ェルター、下北沢440などに最終的には通常ブッキングの
形でブッキングをします。いろいろなバンドと一緒にライブ
をしていくということは、必ず貴方の音楽活動にプラスに働
くことでしょう。
また現在、日本を代表するライブハウス、新宿ロフトの協力
を得て、毎月2回、新宿ロフトサブステージで行われている
「MagicVoice」にレパートリーチェックでの優秀
者は参加することができます。このイベントは「声に魅力の
あるアーティスト」の発掘が目的で、来春立ち上がる「VO
ICE CRUX」レーベルのビデオオーディションも兼ね
ています。

 
短期プロ養成コースでの最終目標であるプロオーディション
です。プロデューサー、メーカーディレクター、コンポーザ
ー、出版会社、音楽事務所などの音楽業界の方を招いて、行
われます。
 

スクール生はクラスでつくったデモテープをもとに、ライブ
オーディションに参加することが出来ます。現在デビューす
るためには、音源だけで決まることはまずありません。必ず
メーカー担当者の前でライブをし、見ていただくことが必須
条件になります。そこでDMSでは各メーカー担当者をライ
ブに向かえ、通常のライブを見てプレゼンテーションする場
を提供することが出来ます。
 
アナタのレベルに合わせて、弾き語りからスタジオミュージ
シャン、ライブ系ギタリストまで最終的にアナタのやりたい
スタイルで演奏できるように、レベル別にレッスンしますク
ラシックではなく、ポップスやロック、ジャズにいたるまで
、アナタのレベルに合わせて、基礎からレベル別にレッスン
します。希望者には読譜、理論、聴音、音大試験対策までオ
プションで学ぶことが出来ます。
 
最近ではコンピューターを使ってのデモテープ制作が簡単に
でき、そのオケを使用してオーディションに参加する形態が
一般的です。このクラスは、コンピューターの使い方から各
シーケンスソフト、音楽機材の使い方をマンツーマンでレッ
スンします。使用ソフト…Digital Performer、ACIDなど